101回目のベッド・イン


【解説】
1990年代バブル期の空気を振りまく地下セクシーアイドル「ベッド・イン」の主演映画。若手監督とアーティストがコラボレーションした作品が集う「MOOSIC LAB 2015」に向けて製作・上映され、審査員特別賞および女優賞を受賞した。新進気鋭の若手女性監督ユニット「破れタイツ」の前に、バブリーな2人組「ベッド・イン」が現れ、トレンディな映画を撮影することになる。しかし、破れタイツの2人は、「トレンディ」が何か分からない。そんなジェネレーションギャップを抱え、ベッド・インの強烈で奔放な言動に振り回されながらも、映画制作は進んでいくが……。監督は、中村公彦の名で「恋のプロトタイプ」なども手がけている俳優のサーモン鮭山。

無料で観る方法